ニュース
» 2013年11月28日 08時00分 UPDATE

【連載】リスティング広告最適化を指標から追究する:第5回 リスティング広告の入札KPIとしてのWeb解析指標――直帰率、滞在時間、アシスト

リスティング広告最適化のために、測るべきKPIを考察します。今回は、Web解析ツールで計測できる指標(直帰率、滞在時間、アシスト)について考えます。これらの指標は、ユーザーのサイト内行動を踏まえた入札に利用できます。

[原田憲悟,マリンソフトウェア]

 これまではサイトのビジネスモデル別に、リスティング広告の入札に使用するKPIを考察してきた。今回は、アプローチを変えて、ご要望をいただいたり、提案されたりすることが比較的多い、「コンバージョン以外の指標」での入札について考察してみよう。特に、よりサイト内の行動を踏まえた入札を意図して、Web解析ツールで計測している指標を採用したいというお話をいただくことがあるが、そこについて議論した内容を考えてみたい。よく言われる指標としては、直帰率、滞在時間、アシストがある。以下にこれらの指標について考察する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by