ニュース
» 2013年11月13日 13時07分 UPDATE

データの匿名化処理:NEC、高度なプライバシー保護技術を開発

今回NECが開発した「k-匿名化」に関するアルゴリズムで、50万人規模の医療情報を利用して実験をしたところ、従来の40分の1となる約5分で処理できたという。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

 日本電気(以下「NEC」)は11月12日、より高度かつ高速に個人に関する情報(パーソナルデータ)のプライバシー保護を実現する技術を開発したことを発表した。開発した技術は、データの精度を保ちながら、個人1人につき1つの値となる性別や生年月日などの「単一値属性」と、病名や投薬名のように複数の値が含まれる「集合値属性」をまとめて高速に匿名化するアルゴリズム。一般にパーソナルデータを企業内で共有したり、第三者に提供したりする際には、個人を特定する情報を削除して匿名化することが求められている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading