ニュース
» 2013年08月21日 12時01分 UPDATE

6つのポイント:ソーシャルメディアマーケティングに理解のない経営層を説得する方法

ClickZ.comのコラムで、役員たちにソーシャルメディアの有用性を効果的に訴えるポイントを説明している。具体的には、次の6つだ。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

 いま、ClickZ.comで最もよく読まれている記事は、2013年8月14日に掲載されたコラム“Social Media in the Boardroom”(「役員にソーシャルメディアの有用性を説明する方法」)だ。本コラムの筆者であるジャスミン・サンドラ氏はデジタルマーケティングのコンサルタントであり、さまざまな企業のデジタルマーケティング戦略立案を支援しており、「旧弊な大企業」の役員たちがソーシャルメディアに無関心であることを嘆いている。そこで「ソーシャルメディアを利用して効果的にマーケティング活動をしたいのに、経営層がソーシャルメディアについて理解してくれない」と悩むマーケターに対し、役員にソーシャルメディアの有用性を効果的に訴えるポイントを説明している。具体的には、次の6つだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading