ニュース
» 2013年05月30日 16時10分 UPDATE

市民の声を活かす:さいたま市、Microsoft Dynamics CRMによる「市民の声DBシステム」を構築

市民サービス向上に向けた問い合わせ管理プラットフォームとして「Microsoft Dynamics CRM」を導入した自治体は、さいたま市が初となる。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

 富士通は2013年5月28日、日本マイクロソフトと共同で、日本マイクロソフトのCRMソリューション 「Microsoft Dynamics CRM」をさいたま市に導入し、「市民の声DBシステム」を構築/本格運用を開始したと発表した。市民サービス向上に向けた問い合わせ管理プラットフォームとして同製品を導入した自治体は、さいたま市が初となる。

 市民の声DBシステムは、さいたま市のコールセンターに寄せられる声や、市民からの陳情/提案、行政サービスに関する問い合わせなどを一元管理し、発言した市民の年代や性別、居住区、提案内容による分類修正や、統計結果表示を可能にするもの。これにより、市全体で市民の声を認識し、回答業務を効率化するほか、施策への迅速な反映を実現していくという。

 今後さいたま市では、全庁で本システムを共有化し、市民の理解/賛同が必要な事業においては時機を逸せず意識調査を進めるほか、広聴活動推進に向けてさらなる活用を展開していく。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


sponsored by
Loading

企業潜入レポート

sponsored by