ニュース
» 2013年05月20日 07時38分 UPDATE

【連載】営業を強くする名刺管理:第4回 SFA/CRMの「見える化」と名刺管理の「見える化」 (1/2)

今回は、名刺管理サービスとSFA/CRMの「見える化」の違いを検討します。名刺管理サービスは、「顧客接点の見える化」による「案件の創出機能」を持ったツールですが、SFA/CRMは、「営業の見える化」は「受注決定率を向上させるため」のツールです。両者の役割は明確に異なります。

[岡田健,Sansan]

 「第3回 人事部長がNo.1マーケター? 全社員がマーケターになる時代の顧客接点共有 」では、バックオフィスを含めた部署間/拠点間で、名刺管理サービスを利用して名刺を共有すれば、他の部署からの案件を増やしたり、紹介案件を戦略的に増やすことができるのではないかと述べました。

 名刺を共有すると、全てのビジネスの出会いを可視化することができます。営業案件や過去の取引先だけでなく、顧客接点を「見える化」することで、案件を創出することができます。

 そこで今回は、前回ご説明した名刺管理サービスによる「見える化」とSFA/CRMの「見える化」の違いを検討します。名刺管理サービスは「顧客接点の見える化」による「案件の創出機能」を持ったツールですが、SFA/CRMは「営業の見える化」による「受注決定率を向上させるため」のツールです。両者の役割は明確に異なります。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading