ニュース
» 2013年05月09日 15時43分 UPDATE

成功してるマーケター事例:顧客行動の追跡、検索エンジン、エンゲージメントデータの活用――米国ビッグデータ・マーケティング5つの事例

360i(デジタルマーケティングのサービス・コンサルティング業)の調査によると、現在「オンラインショッピングにおける購入額は、1分間で30万ドル」「Facebookでは1分間で35万の『いいね!』が生成」「1時間のうちに生成されるツイート数は60万以上」だという。

[岩崎史絵,ITmedia マーケティング]

 Mashableに5月7日に掲載された記事“8 Marketers Doing Big Data Right”(「ビッグデータの効果を上げている8人のマーケター」)では、米企業のビッグデータ・マーケティング成功事例を集めている。

 記事に出ている360i(デジタルマーケティングのサービス・コンサルティング業)の調査によると、現在「オンラインショッピングにおける購入額は、1分間で30万ドル」「Facebookでは1分間で35万の『いいね!』が生成」「1時間のうちに生成されるツイート数は60万以上」だという。こうした中、これらの膨大なデータをマーケティングに活用して成功をおさめているマーケター8人を紹介しているのだ。ただしこの記事では、具体的なビッグデータ活用例が示されていないもの(AmazonやGE社)、よく知られているもの(Netflix社)もある。そこでここでは、元記事の中から事例5つを紹介しよう。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading

「ITmedia マーケティング」購読一覧