ニュース
» 2013年02月13日 16時40分 UPDATE

マーケット・インテリジェンス・ラボ(仮称):日立と博報堂、マーケティング領域におけるビッグデータ利活用事業での協業に合意

日立製作所と博報堂は2月13日、マーケティング領域におけるビッグデータ利活用事業の提案力強化を目的とした協業に合意したと発表した。この合意に基づき、両社は2013年4月1日から両社協働プロジェクトである「マーケット・インテリジェンス・ラボ」(仮称)を設立、両社の知見を融合させた顧客向けサービスの提供やソリューションの開発などを進めていく。

[ITmedia マーケティング]

 「マーケット・インテリジェンス・ラボ」プロジェクトは、日立のビッグデータ利活用専任組織スマート・ビジネス・イノベーション・ラボ(2012年4月設立)内に設立し、博報堂のビッグデータマーケティング推進チームのメンバーが参画する。

 博報堂が現在提供しているコンサルティングサービスやマーケティングに関するノウハウを日立のビッグデータに関するソリューションと合わせ、日立の顧客企業に向けたサービス提案を共同で行うほか、独自のソリューション開発にも取り組んでいく。

 同プロジェクトで最初に提案するのは、顧客企業におけるマーケティングプロセス改革コンサルティング、およびマーケティングデータ管理のためのプラットフォーム構築、関連ソリューションの共同開発である。

 日立では2015年度にビッグデータ利活用事業全体で売上高1500億円規模を目指す。博報堂においては、マーケティング領域でのビッグデータ利活用分野において、日立を含むさまざまな企業やパートナーとの協業を推進する。

マーケット・インテリジェンス・ラボ(仮称)における取り組み

1.マーケティングプロセス改革コンサルティング

 市場、顧客、各種マーケティングデータを統合し、高度なマーケティング解析モデルを活用して、顧客の課題解決におけるプランニング精度の向上を目指す。例えば、顧客企業内のさまざまな業務データやオープンデータを掛け合わせて、マーケティング解析モデルを適用することで、これまで見えなかった事業の状況を把握することが可能となる。リアルタイムに可視化することで、従来のプロセスを高精度化、高速化、さらには自動化することができるようになる。今後1年間で10件の受注を目指す。

2.マーケティングデータ管理プラットフォーム構築と関連ソリューションの共同開発

 顧客企業におけるマーケティングデータをはじめとするさまざまなデータの収集/蓄積と、多くの用途に活用するための加工/分析のIT化によって、マーケティングデータ提供ビジネスを視野に入れたプラットフォームを構築する。これにより、異分野、異業種間のデータの掛け合わせを含めたマーケティングデータ提供ビジネスの開発をより容易にする。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading