ニュース
» 2013年01月30日 08時49分 UPDATE

【連載】走りながら考えるメディアマーケティング:第9回 4Pで考えるニュースメディアの立ち上げ

新しいニュースメディアの立ち上げを古典的なマーケティング戦略のフレームワークである「4P」に当てはめて考えてみる。今回はPlace(流通)/Price(価格)について。

[藤代裕之,ジャーナリスト/ブロガー]

 ここまで進めてきたニュースメディアの市場環境分析を踏まえて、新たなニュースメディアの立ち上げについて考えてみたい。そういえばこの連載は、大槌に作るメディアのことを「走りながら」考えていこうという企画だった(汗

 古典的なマーケティング戦略のフレームワークである「4P」に当てはめて考えてみる。4Pとは、Product(製品)、Price(価格)、Place(流通)、Promotion(プロモーション)のこと。まず、Place(流通)から。

 ニュースメディアの流通は、媒体の性質に左右される。主に、紙、電波、ネット、という選択肢がある。電波は家庭などのテレビ、携帯電話のワンセグが流通先で、強いメディア力を持つが、電波免許の取得が必要で、参入が難しい。紙は、安くやってくれる印刷業者を探せばかなりコストを抑えられるが、配布や設置場所の確保が簡単ではない。新たなメディアを立ち上げることを考えるとコスト面でもWebが第一の選択肢となる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading