ニュース
» 2012年11月05日 20時15分 UPDATE

Web訪問者のプロフィールが分かるサービス:Webサイトの接触者にプロフィールデータを付与する新サービスを開始、ビデオリサーチ

ビデオリサーチはWebサイト接触者にプロフィールデータを付与するサービスを発表した。

[ITmedia]

 ビデオリサーチは11月2日、Webサイト接触者データにプロフィールデータを付与するサービスを開始すると発表した。これまでWeb媒体社が行ってきたアクセス解析は、ページビュー数やユニークユーザー数などは把握できたが、サイト接触者のプロフィールは把握できなかった。ビデオリサーチは自社が保有する特許と、あらかじめ許諾を得たアンケートパネルの調査データを利用し、性別、年代、企業好意度などのプロフィールデータの提供を可能にした。

video.jpg

 また独自の付加価値として、ビデオリサーチが持つACR/J-READ(※)などの既存データの結果をこの仕組みに組み合わせる。消費者の意識や商品所有など幅広い項目のデータで、Webサイトを改善する上で多様な基礎データを提供する。

  • ※ACR(Audience and Consumer Report) 

1人のユーザーに対する媒体接触状況と消費/購買状況を同時に調査する。主要7地区で8700サンプルに対し、年に一度、ビデオリサーチが調査を行っている。

  • ※J-READ 

ビデオリサーチが全国47都道府県で主要新聞(約110紙)の閲読状況を測定するとともに、生活行動/消費実態などをとらえることにより、各新聞読者のプロフィールを描くことも可能な、新聞の量と質の両面を明らかにする単媒体調査。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Loading